製品概要製品機能動作環境

Home>製品情報> autoMap

あらゆるITネットワークを自動的に検出しながら、
Microsoft Visioを使ってネットワーク最新構成図を自動生成、視覚化し、
以下のネットワーク管理課題を一挙に解決!

最新構成の把握が出来ていない

情報のアップデートに時間が掛かる

管理情報がデータベース化されていない

監査レポート作成に時間が掛かる

ネットワーク構成の複雑化

JSOX・IT統制による、管理項目の多様化

障害復旧時間の短縮が必要

作業ログの共有が出来ていない                                製品紹介ビデオ (約3分)

不況による人員削減等、慢性的な仕事量の過多

autoMapは、「Codima Toolbox」製品群のソフトウェアで、ITネットワークを管理する為の包括的なソリューションです。「Microsoft Visio Toolbox」の主要なソリューション製品であるautoMapは、あらゆるITネットワークを自動的に検出し、視覚化するユニークな機能を持ち、Visioで直接トポロジーマップを生成します。 ネットワークの調査を自動化し、視覚化する事で、時間とコストを抑え、ネットワークの管理コスト効率の向上を目指すネットワーク管理者を最前線でサポートします。
製品特長
ネットワークの視覚化
Microsoft Office Visio 2003 または 2007 を使って、自動的にトポロジーマップを生成します。
包括的、高精度な検出機能とレポート作成
あらゆるネットワーク上に設置されているデバイスを検知し、ネットワークプロトコルで管理されているデバイスだけでなく、ノンインテリスイッチ等の管理外のデバイスも検知します。また、SIP電話、SIPサーバー、SIPゲートウェイも自動的に特定します。 更に4,500以上のデバイス形式、8,000以上のNICベンダ、30,000以上のベンダ・コードをサポートし、これらのライブラリは常にアップデートしています。
ネットワーク、ITインフラ資産の情報表示・共有
ネットワークのトポロジーマップの作成とそれに付随する情報をVisio画面で表示するのみではなく、WebサーバーにHTMLファイル形式として保存する事もでき、情報の表示、共有ができます。


ネットワークのキャパシティ管理
デバイスがどのように接続されているかを見ることで、ネットワークのキャパシティの計画策定や運用効率向上に貢献し、スパニングツリーやサブネット、VLANトポロジーだけでなく、リンク情報も表示します。
ネットワークの変更履歴の簡単管理
ネットワーク資産の変更履歴により、前回の検出からのトポロジーとIT資産の変更をハイライト表示します。また、毎日、毎週、毎月、或いは設定した時間で、自動的に検出を動作させるスケジューラ機能も備えています。
WindowsとLinuxプラットフォーム両方対応
WindowsとLinuxの両方のプラットフォームを特定し、レポートを作成します。
組織内のセキュリティ管理に貢献
各機器にインストールされている商用ソフトウェアのバージョンとライセンス内容を追跡し、効率よく一括管理するだけではなく、セキュリティ管理の強化にもなります。 また、autoMapはMicrosoft Office Visio 2007 Connectorと統合され、Microsoft Baseline Security Analyzerによるネットワーク上の各機器のセキュリティレベルをVisio上で表示します。
個別のエージェントソフトウェアは不要
ネットワーク上の既存エージェント(SNMP, WMI など)からの情報を収集する為、個別のエージェントソフトウェアの導入は不要です。
複数サイトに跨る自動検出
autoMap Multi Site Scheduler(マルチサイトスケジューラ) を付加することで、ネットワーク管理者は、リモートから検知スケジュールを設定することができ、複数のサイトに跨る検出を自動化することができます。
導入メリット
時間のかかる作業を自動化し、保守費用と作業時間を削減できます。
組織内のネットワークのトポロジーを定期的に自動検出し、常にアップデートされた情報の表示が可能になります。
IT予算計画、ネットワーク監査、法的な要求におけるサポート、法令遵守とITサービスの保証に貢献します。
ルータ/スイッチの開きポートや使用状況を特定し、機器の有効利用に役たちます。
ソフトウェアのインストール管理、監視により、組織内のセキュリティ管理強化に貢献します。
Codima Discovery Engineについて
コディマ ディスカバリー エンジンは、検出時に主に以下のプロトコルを使用
SNMP、SIP、NetBIOS、ICMP、DNS、そしてベンダ固有のWMI、CDP、EDP
業界スタンダードなプロトコルを使うことで、エージェントレスで検出可能
ネットワークを越えた複数のSNMPのReadコミュニティをサポートします。
柔軟な検出パラメータ設定
・ 許可/禁止されたIPアドレスの範囲を指定可能
・ 帯域はネットワークへの負荷を考慮し、64Kbsから640Kbsまで設定可能
・ 検出はIPアドレスの範囲に制限、或いはできるだけ多くのIPアドレスを検出するように設定可能
ファイアウォールを越えての検出が可能



製品概要製品機能動作環境




Copyright © Eastern General Techno Co.,Ltd. All Rights Reserved.